性行為の時にお互いが考えなければならない避妊。男性にコンドームの使用で避妊を任せているという方も多いのでは?大人だったら女性も対策しましょう!もしもコンドームが破けてしまった時、「アフターピル」を持っていれば焦る必要はありません。

色々なアフターピルの画像

アフターピルの作用とそのしくみ

アフターピルは妊娠の可能性のある性交渉後に妊娠を避けるために使用するピルのことです。
通常はその性交渉後に婦人科などに行って医師の診察で処方されるものです。このアフターピルはその性交渉後72時間以内に飲むとよいと言われます。
もっと効果を出したい場合は、性交渉後24時間以内だと避妊の確率は高くなると言われます。
ではどのような作用でそのような効果を発揮するのでしょうか。
アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれる女性ホルモン剤です。これを摂取すると排卵前であった場合は、排卵を送らせることが出来ます。
排卵を遅らせることが出来ると、精子と卵子が受精する機会がなくなります。また着床を防ぐ作用もあります。
これは精子と卵子が受精をしたとしても着床しないように防いでくれるので、妊娠には至りません。
またアフターピルは女性ホルモンの作用から強制的に生理を起こさせて妊娠を避ける作用があります。
これにより、内服をしてから早い人では約3日目に生理が始まる人もいると言います。ホルモン剤なので、医師の指示の元に確実に決まった時間に飲む必要があります。
アフターピルにも種類があり、性交渉後、72時間の間に1回だけ飲んだだけで効果があるとされるもの、また2回の服用が必要な物もあります。
そのためにそのアフターピルの特徴や内服時間などを詳しく知り、妊娠を回避する、避妊に成功するといった作用を得なくてはいけません。
またホルモン剤の作用が効果的なのに対して、副作用にも注意が必要で、腹部が気持ち悪くなる、吐いてしまうなども副作用があるために、内服後は気を付けましょう。
もしも飲んですぐに吐いたという場合などは医師の指示を受けなくてはいけません。

アフターピルだけに頼ってはいけない?

アフターピルは避妊に失敗した際に飲んで妊娠を防ぐものです。
コンドームをつけていても外れたり破れたりしたときの望まない妊娠を防ぐために効果を発揮してくれます。
しかしアフターピルは飲むと体内の女性ホルモンを一時的に大きく変えてしまうため、吐き気やむかつき、むくみなどの副作用が起こってしまいます。
そのため、避妊に失敗した時のみに飲むもので性交渉のたびに飲むものではありません。
毎日飲むことで妊娠を防ぐ低用量ピルはほぼ100%と言われている避妊率がありますが、同じピルという名前がついていてもアフターピルは妊娠率が高くなってしまいます。
避妊を確実に行いたい場合には他の避妊方法を一緒に行うべきです。
特にコンドームは重要です。アフターピルは妊娠を防ぐための薬のため、コンドームを付けずに性交渉を行っても良いというわけではありません。
アフターピルができるのは妊娠してしまう確率を低下させるということだけで、粘液から感染してしまう性感染症の予防ができません。
性感染症には多くの種類があり、かゆみや発疹が出来てしまうものや、発熱や身体にしこりが出来てしまうもの、病気によっては症状が全く出ていないのにウイルスや細菌の感染が不妊の原因になってしまうものもあります。
性感染症を防ぐためにはコンドームが一番適しています。低用量ピルを飲んでいて妊娠しないことがわかっていても、コンドームを付けなければやはり性感染症になってしまう可能性は高くなってしまいます。
妊娠する確率を防ぐためにも、性感染症になってしまうのを防ぐためにも、アフターピルだけに頼るのではなくコンドームなどの避妊具を併用して使用することで自分の身を守ることができます。

アフターピルはどこで手に入る?

万が一の避妊に失敗を考えると、アフターピルはどこで手に入れることができるのか知っておく必要があります。
アフターピルは避妊に失敗をした時に早く服用をすればするほどその効果は高いものとなっていますから、できるだけ早めに入手をしなければならないのですが、どこで手に入れるかを知っていなければ手遅れになってしまうこともあります。
それだけに入手することができる場所を、把握しておくことは非常に大切なことになります。
アフターピルを手に入れるには産婦人科などの病院に行って処方をしてもらうのが一番一般的な方法であるため、いざというときのことを考えておくとアフターピル処方してくれる病院をチェックしておくと安心です。
アフターピルはドラッグストア等で市販されている薬ではないので、いざというときにすぐに手に入れるためには病院に行くしかないためこれは絶対に覚えておく必要があります。
次にすぐに手に入れることができる方法ではありませんが、手軽に入手できる方法としては通販を利用するというものがあります。
ドラッグストア等で買うことが出来ない薬をなぜ通販で購入できるのかと思うことでしょうが、個人輸入であればアフターピルであっても購入をすることができるのです。
個人輸入となるとハードルが高そうに思えますが、個人輸入代行業者を利用することによって利用者は個人輸入ということを意識することなく普通の通販のように購入をすることができるので難しいことはありません。
海外から取り寄せということになるので到着までに時間がかかることと、品質面での安全性に関して不安があるのでリスクがある方法ではありますがこのような入手の仕方もあると覚えておくと便利です。

◎避妊なら副作用の少ないピルを選びましょう
トリキュラー 通販